おならが臭い 便秘

MENU

悪玉菌の増加で腸内環境が悪いのかも・・・

お腹が痛いけど便が出ない!

 

 

・・・けど、実は便秘じゃないんです(´ω`。)

 

一般的に便秘と言われるのは、3日以上排便が出ない状況で、かつお腹の膨満感(お腹の中にガスが溜まった状態)や排便が困難なときに言われる症状なんです。

 

つまり、1日2日出ないくらいでは便秘とは言わないんですよね。

 

けど、苦しい(。-`ω´-)

 

 

で、こんな状況の時は決まって腸内環境が悪いんです。

 

この状態の時って、やけにおならが臭かったり便がクサかったりと、いつもとなんだか違うんですよね。
食べものによって臭い時もありますけどね^^;

 

で、よく聞くのは善玉菌が減って、悪玉菌が悪さをしている・・・という話ですよね。

 

けど、善玉菌の親分ともいえるヨーグルトをたくさん食べても改善されないって人は多いですよね。

 

これはヨーグルト以外でもそうですが、腸に届く前に胃で消化されてしまい、腸にほぼ届かないのが原因なんですよね。

 

それくらい胃酸は強力なんです!

 

胃酸が強力だから様々な菌からカラダを守ってくれているので、文句は言えません(^▽^;)

 

とはいえ、腸内環境が悪い理由は悪玉菌が多すぎることにあるので、善玉菌と悪玉菌のバランスを戻してあげる必要があります。

 

最近は胃酸に強い乳酸菌なども販売されているので、通常のヨーグルトよりもコスパは高いと思いますが、胃酸をクリアしなければ善玉菌が腸に届かないので、腸内環境を考えるならこちらをオススメします。

 

便秘の原因は沢山あるので、一概には「コレ!」と断言できませんが、腸内に老廃物が溜まるのは肌荒れなどにも影響します。

 

つまり、美肌の敵です!

 

なので、しっかりと排泄できるように、日ごろから腸に良い生活を心がけましょう。

腸内環境を整えるオリゴ糖

オリゴ糖と言えば、腸内環境を整えてくれると話題の糖類ですよね。

 

昔は食物繊維と言われていましたが、今はこの「オリゴ糖」の摂取が便秘改善に好ましいと言われています。

 

何故なのかですが、腸内環境のためにいい食べ物と言えばヨーグルトが思い浮かぶと思いますが、これはビフィズス菌という腸内によい影響を与えてくれる善玉菌を摂ることができるからです。

 

ですが、ヨーグルトに含まれている善玉菌は、残念ながら胃酸によってほぼ死滅してしまいます。

 

そのため、いくら善玉菌が腸内に良いとわかっていても、効果が見られないのはこのためだったんです。

 

そこで見直されたのが、このオリゴ糖なんです。

 

オリゴ糖は胃酸によって分解されない成分を持っているので、死滅せずに腸内に届くんです。

 

腸内に届いたオリゴ糖は、善玉菌の餌となって善玉菌の活性に役立つため、悪玉菌が増えた腸内環境を良い方向へと改善してくれます。

 

そのため、積極的に摂ることが望ましいと言われているんです。

 

他にもコレステロールの排出などの効果も期待できるそうなので、日ごろから積極的に摂りたい糖類です。

 

食べ物でいえば、玉ねぎ・にんにく・アスパラガス・納豆・豆腐など、野菜や大豆に含まれています。

 

普段はパンを主食にされている方は、スーパーなどにオリゴ糖と書かれたハチミツみたいなものが販売されているので、それを利用するのも1つだと思います。

 

これらを普段の食事に意識することで、腸内環境が整えていきましょう。