薬 便秘

MENU

お薬が原因で便が出ない体質に!?

便秘薬を頼りすぎるのはよくない!?

 

 

食物繊維やお水をたくさん飲んでも、全く治らない便秘。
全く頑固なんだから(`Д´)

 

と、文句の一つや二つ言いたいですよね!

 

この便秘が長く続くと、カラダに様々な症状をもたらします。
例えば、口臭や肥満・肌荒れなどがそうです。

 

また、「お腹が張って苦しい」という方も多く、できれば何とかしたいですよね。

 

この頑固な便秘に対して、多くの方は病院などで処方してもらった便秘薬(下剤)で、便を排泄すると思います。

 

病院に行くと高い確率で下剤を処方されますけどね^^;

 

トイレットペーパー

 

でも、このお薬に頼りすぎると、カラダがそれに慣れてしまって、どうしてもお薬に頼らなければ便が出ないようになります。
腸が怠けてしまうため・・・(。・´_`・。)

 

これが続くと、次第に成分を強くしないと効果が効きにくくなり、カラダに何らかの悪影響が出ることがあります。

 

ただ、勘違いしないでほしいのが、便秘薬が悪いと言うわけではなくて、常用することが危険なんです。
便が長時間体内に溜まることは、カラダに良くないので、どうしても無理な時は服用すべきだと思います。
私も昔服用していましたから(ノω・`。)

 

なので、ケースによって上手く使い分けることが大事だと思います。

 

が、脅かすわけではありませんが、便秘薬は劇薬にもなりますので、注意が必要です。
例えば、CMでよく見かける生薬や天然成分とかの商品を見ると、安全なイメージがしますが、そんなことはありません。

 

例えばですが、便秘薬(病院で処方されるものも含む)にも良く配合されているセンナですが、こちらは中国では劇薬とされています。
容量を間違えると、妊婦さんの場合流産する危険もあるものなんです。

 

また、自分の力で排出していないため、肛門の筋肉がゆるんでしまって、最悪の場合”便失禁”を起こすこともあります。
便失禁になると、トイレに間に合わなくなったり、気が付くと漏れているなど、排便のコントロールが難しくなります。

 

もちろん、病院で処方されたものであればお医者さんがキチンと診断した上で処方されますから、まだ安全だとは思いますが、市販薬はあくまでも個人で判断することになります。

 

ですので、長期間の薬の服用は非常に怖いので、安易に薬に頼るのはやめましょう。

 

※注意点

 

私の場合がそうだったのですが、何でもかんでもすぐに薬を出す病院は避けた方がいいです。
確かに便秘がひどくてお腹が苦しいときには薬を処方してもらう必要がありますが、これだと薬なしでは生活に支障が出てしまいます。

 

本当に良いお医者さまは薬だけではなく、色々な形でアプローチして治療してくれますので、薬飲みで解決することはありません。

 

また、西洋の薬よりも副作用が少ないとされる漢方薬ですが、副作用がないわけではありませんので、過信は危険です。

 

あと漢方は病院で処方されるものは製薬会社が作ったものなので、個人個人に合った処方ではありません。
本当に漢方をお考えの方は、漢方を一から調合してくれるお店で購入する必要があります。

 

要はあなただけのオーダーメイドですね。

 

漢方は昔から中国で使われていた歴史のある薬ですが、上・中・下のランクが合って、本当にいいものは上の薬となります。
オーダーメイドの場合は、上と中の辺りの処方になると思いますが、病院で処方されるものとは全く異なります。

 

この場合は賛成ですが、お値段が高いです・・・。

 

私も有名なお店(病院と併設)を探してとりあえずいくらかかるか聞いたのですが、私の場合は月25000円+診察代と言われました。
さすがにちょっと余裕がなかったので諦めましたが(T_T)

 

しかも漢方は体質改善のためにしばらくは飲み続ける必要があるため、毎月の出費が大きくなります。
健康保険も適用外ですからね・・・(+o+)

 

それをクリアできるのであれば、体質改善を含めオススメだと思います。